本 新着 アスペルガー症候群改善・治療

  

アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」
アスペルガー症候群を改善してきたスペシャリストが、そのノウハウを凝縮して作り上げたプログラムです


アスペルガー発達障害の改善に有効なものだけをまとめたマニュアル

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

◎多くのアスペルガー症候群やADHDなどの発達障害の人の
問題や症状を改善するべく臨床結果とその臨床結果の原因をより調べ、
実際にアスペルガーの人に改善の効果があったものをまとめて
アスペルガーの改善に有効なものだけをまとめたマニュアル

◎実際にアスペルガーの人の改善プログラムとして使われている内容

◎医学では治らないとされている発達障害を、
臨床結果と臨床経験を基にしたアスペルガー改善方法

◎治すことを目的としていない療育や行動分析のような対処法マニュアルではなし
◎アスペルガーや発達障害の人の症状を根本から改善する為のマニュアル

◎アスペルガーや発達障害を改善する為の実践的なマニュアル
★特徴、原因、対処法などの一般的な知識についてはあまり触れていません
★一般的なアスペルガーについての知識を持っている人、物足りないと感じる人の為のマニュアル

医師や専門家も知らない、アスペルガーの情報
★アスペルガーの症状を改善する目的の為だけに作られている
(ハイパーコンサルティング・ジャパン 須藤裕司より)



公式サイトはこちらから

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
公式サイトはこちらから


発行者:株式会社ハイパーコンサルティング・ジャパン

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル 詳細

アスペルガー症候群改善・治療事典「アスペルガー症候群を改善!ASミラクルナビ」


アスペルガー症候群を改善!ASミラクルナビ

◎アスペルガーはコミュニケーションにまつわる障害
★人との交わりに慣れていかないと、一生良い方向へは向かってはいかない

◎コミュニケーションを円滑にする為には、
価値観や行動パターン、感情的になってしまう癖を変えていかなくてはいけない

◎アスペルガーは、急に改善するという事はない
★これまで築き上げてきた思考や行動パターン、感情といったものは一筋縄ではいかない
★向き合うには、価値観の根本から紐解いていく事が必要

◎病院にはアスペルガー症候群への治療法も特効薬も無い

◎躁鬱の薬や統合失調症の薬、抗不安剤などで和らげる事は出来るが何の解決にもならない
★副作用による眠気や筋肉のこわばり、瞼のけいれん、口の渇きなどで苦しむ

◎発達障害者センター
★リハビリ
★SST(社会生活訓練)
★大人になってからでも社会復帰できるよう支援してくれる機関
*全員が同じトレーニングで幸せな結末になるとは言えない

◎アスペルガー症候群の3つのタイプ
1.模索型
★興味の対象がない。
★自分がこれからどうするべきか分からない。
★人間関係がうまくいかない。
★コミュニケーションをとるのが怖い。

2.夢中型
★興味の対象はあるがそれ以外には全く興味がない。
★人とはもう何日も話していない。
★家族との距離も遠く感じる。

3.直情型
★普段は比較的おとなしい。
★日常の会話は特に何も問題はないが、自分がこだわっている事に関する話になると、感情的になる

◎アスペルガー症候群の3つのタイプの改善方法
1.模索型
★コミュニケーション能力を向上させ、周囲とのつながりを持てるようになってもらう
★人と話す事に躊躇せず、交わる事で人生を豊かにさせる

2.夢中型
★自己表現を磨いてもらう
★周囲に自分が何に熱中しているかを知ってもらい、家族・友人に理解してもらう事から始める

3.直情型
★感情の起伏を自覚し改善に取り組んでもらう
★相手の意見を受け入れ、柔軟な思考を身に付けられるような練習をする

◎アスペルガー症候群改善に一番重要なことは「継続」
◎一定の方法を繰り返す事が必要
◎思考のクセや、状況に応じた行動パターンを改善していく



公式サイトはこちらから

アスペルガー症候群を改善!ASミラクルナビ
公式サイトはこちらから


アスペルガー症候群を改善してきたスペシャリストがノウハウを凝縮して作り上げたプログラム


アスペルガー症候群を改善!ASミラクルナビ まとめ

アスペルガー症候群改善・治療事典「成瀬式アスペルガー症候群改善術」

成瀬式アスペルガー症候群改善術

◎アスペルガー症候群は、周りとのコミュニケーションをとることが難しい病気

◎アスペルガー症候群で本人は真剣に悩んでいることを知る

◎脳内異常が原因でアスペルガー症候群が起こることもある

◎アスペルガー症候群で1番重要なのは根本的に改善出来るか

◎必要な事は根本的なアスペルガー症候群改善を体にやさしい方法で治す事が重要

◎アスペルガー症候群は様々で沢山のケースがあり、判断方法もある
★危険なアスペルガー症候群
★すぐに治さないと危険なケース
★安全なアスペルガー症候群
★治さなくても良いケース

◎アスペルガー症候群は種類も多くて改善方法も多様だが、
原因さえ把握出来れば方法は数種類しかないので改善出来る

◎間違った認識による、間違った改善方法を行ってしまう為に
悪化させてしまうケースや体調不良を起こすケースがある

◎間違った方法をやり続けてる事がアスペルガー症候群を改善出来ない1番の理由

◎気になっている時点で何らかのストレスや生活に支障が出ている

◎ストレスがたまりすぎるとアスペルガー症候群がひどくなったりする
★直接的な原因はストレスではない場合もある

◎アスペルガー症候群改善方法の4つの間違い
間違い1:こだわりが強い
★どんな人にもこだわりがあり、を強く主張すると言う事は、それだけ集中している証拠
★わがままを言っているのではなく、自分の好きな事に熱中したい気持ちが強いだけ

間違い2:感情の押し付けをする
★他人と意見を交流させるのが得意でない為、自分の言いたい事を分かってもらおうとするよりは、
まずは発言・行動するという行動が先に立ってしまう

★相手の気持ちを読み取る事が苦手な為、
周りからは自分の言いたい事・したい事だけを押し付けていると考えられてしまう

間違い3:ひきこもりがち
★ウツやひきこもりがちの症状が出る、という認識は大きな間違い
★知的部分の遅れがあまりないので自閉症とは全く違う
★協調性がうまく取れない、理解が得られないことが原因で、引きこもってしまう可能性はある

間違い4:親のしつけが悪い・愛情不足
★胎内にいる時に何らかの問題が起こると言われていて、成長段階でおこる病気ではない

◎アスペルガー症候群3つのタイプ
1.アスペルガー症候群+社会性タイプ
★社寄性に乏しい
★「場の雰囲気」を読み取ることが苦手
★初めて行う事に、抵抗感を表し、自分の習慣として受け入れるまでに時間を要する
★人前でしていい事と、そうでない事の判断がつかない

2.アスペルガー症候群+コミュニケーションタイプ
★思ったことを正直に表現してしまうので相手を傷つけてしまう
★相手が何を言いたいのかを読み取れず、自分もどう伝えたらいいのか分からない

3.アスペルガー症候群+想像力タイプ
★あいまいな表現、適当な表現の中身が理解出来ない
・もう少し早く、多めに少なめに

★文章化されていない事を言葉にして伝えるのが難しい
★工夫が必要とされる事には、取り掛かるまでには時間がかかり、拒否する場合もあり

◎タイプごとの主なアスペルガー症候群の原因
1.アスペルガー症候群+社会性タイプの原因
★様々な局面に遭遇していない
・子供のうちは非常に多い

★自分の興味のない事には無関心になり易く、社会性に乏しくなってしまう

★無理に受け入れさせると精神的に不安定になってしまう
・少しずつ新しい事を取り入れる、周りの工夫が必要

2.アスペルガー症候群+コミュニケーションタイプの原因
★言葉の使い方がうまく出来ない事が原因で、支障をきたす
★言葉を考えるのが苦手なので、そのことばかりに気をとられ、表情が乏しくなる
★効果的な言い回し、場面にあった言葉の使い方を規則的に覚える事で、問題を解決出来るケースもあり

3.アスペルガー症候群+想像力タイプの原因
★自分の興味のない事には想像力を働かせる事が出来なくなる
★想像力を働かせる事が出来ないと言うよりは、働かせる必要を感じないのかも
★興味を持つ範囲を広げるのが大切

◎アスペルガー症候群を治す薬はない
★治すのではなくて症状を軽くしているだけ

end販売終了しました

成瀬式アスペルガー症候群改善術 詳細